石井十次記念館(石井十次資料館・研修館・方舟館・静養館・大原館を総称して呼びます)

石井十次記念館ニュースのページ

石井十次記念館の季節の風景などをお知らせします。

季節の風景

R3.8.6 季節の風景を更新しました
夏の暑さに負けずに、カンナ、サルスベリが鮮やかに咲いています。
正門前の看板(標識)が新しくなりました。大田さんがボランティアで作って下さいました。

花壇のサルビアやマリーゴールドも秋に向けて元気に元気に成長しています。

静養館もいつも静かにたたずんでいます。
訪れる人は少ないのですが、石井十次資料館は、いつも開館しています。
今年も台風がやって来ますが、負けずに建ち続けてほしいと思います。
秋の満開をめざしてサルビアが元気に育っています。
方舟館へ下りていく道の西側は、いつも花に囲まれ、いやされます。
事務所の職員が毎朝庭掃除をしますので、庭はいつもスッキリきれいです。
昨年まで館東側に花を植えましたが、メランポジウムは、自分で芽を出し、花を咲かせてくれました。
「運命を変える」修業は夏も続きます。
葉に斑入りのカンナ。花は平凡なダイダイ色。
子ども達の登校用の通路。夏休みに入り、静かです。
新しく竜馬の家ができ、中・高男児の個室化が実現できました。
稲も色づいてきて、間もなく稲刈りが始まります。
道路沿いのカンナは今が盛り。これだけ咲いている所は、他に見ません。
のゆり幼児園西側の産業廃棄物は片付き、駐車場と子ども達の公園となります。
カンナは、これから霜が下りるまで咲き続けてくれます。ありがたい花です。
  
  

撮影・文 児嶋理事長

来館ありがとうございます。ご来館のようすをお伝えします。

☝みたい月をクリックしてください。☟