石井十次記念館(石井十次資料館・研修館・方舟館・静養館・大原館を総称して呼びます)

石井十次記念館ニュースのページ

石井十次記念館の季節の風景などをお知らせします。

季節の風景

R2.9.4 季節の風景を更新しました

100年以上の時間に耐えながら、方舟館はじっと私達を見下しています。

秋をつげる花、キツネノカミソリが梅の木の根元で咲いています。
サルスベリの花が猛暑の中元気に咲いてくれています。

雑草の猛威はすごくあっという間に看板をおおいます。

大イチョウがしっかりと方舟館を台風から守ってくれます。
花壇のサルビア、メランポジウム、マリーゴールド、ポーチュラカが元気に咲いています。

8月に播いた大根がすでに大きく成長しています。

石井十次先生の胸像は常に未来へと私達を導いてくれます。
稲刈りもすみ、田んぼの上には秋風が吹いています。

中学生達は、ここから町営バスに乗って登校します。

今年は、小学生寮の東側の石垣の上にもサルビア、メランポジウムを植えました。
小学生達はこの道を通って登校しています。

カンナも次々に花を咲かせて、私たちを癒しています。

猛暑の中でバナナも元気。実もなっています。
ギラギラの太陽にも負けないサルスベリの花。

本部事務所。職員が毎朝庭掃除をします。

正門前の看板。毎年ケイトウが自分で生えて花を添えます。
  
  

撮影・文 児嶋理事長

来館ありがとうございます。ご来館のようすをお伝えします。

☝みたい月をクリックしてください。☟