理事長挨拶

理事長 児嶋 草次郎

社会福祉法人石井記念友愛社

 理事長  児嶋 草次郎


 慶応元年(1865年)、宮崎県高鍋に生まれた石井十次は、17歳の時に医者を目指して岡山県の医学校に入学します。そんなある時、貧しい母親から男児1人を預かったことをきっかけに、彼は児童福祉・教育事業へと専念することとなりました。

 明治20年(1887年)に「孤児教育会」として設立された石井の施設は、明治39年には児童数が1200名にのぼる大きなものに。施設内に幼稚園と学校をつくり、一貫した養育・教育を行うようにもなりました。

 その後、石井の施設は現在地に拠点を移しますが、大正3年(1914年)に志半ばの49歳で永眠しました。

 そんな石井十次の志を引き継ぎ、戦争の犠牲となった孤児たちを救うために設立されたのが私たち「社会福祉法人石井記念友愛社」です。児童養護施設として再スタートし、現在は児童養護施設、乳児院、保育所、老人デイ・サービス、居宅介護支援、障碍者就労継続支援などの事業を行っています。

 日本はもちろん世界中で痛ましい事件や想定外の大災害が起こる現在、改めて人と人とのつながりが見直されるようになりました。これまで縦割りに管理されていた福祉の現場も、これからは年齢や障害の有無も超えて横のつながりを大切にする、福祉の本来あるべき姿に回帰しつつあります。

 私たち石井記念友愛社は「富山型デイサービス」を20年前から導入するなど、常に開拓者の気概をもって事業に取り組んでまいりました。そして、これからも本当の意味での福祉、本物の福祉の実現に向けて進んでいきたいと考えています。