石井十次記念館(資料館、研修館、方舟館、静養館、大原館)

 研修館で研修の利用もできます。研修館には、児島虎次郎や藤島武二の絵画が飾られています。ご連絡ください。石井十次資料館 0983-32-4612 

紹介

石井十次資料館は、

 石井十次資料館は、石井記念友愛社の敷地の中にある施設で、石井十次の生涯とその足跡・記録等を保存・展示してある施設です。

 十次は、慶応元(1865)宮崎県児湯郡上江村(現在の高鍋町)生まれ。15歳で海軍士官を志しますが、病気にかかり帰郷。16歳で結婚し上江小学校の教師となりました。半年後、警察署の書記になったものの難病を患い、診察を受けた医師に勧められて岡山の医学学校へ入学。診療所で実習している時、四国巡礼途上の母と子に出会い、その子供を預かったことをきっかけとして、児童救済事業に入っていきます。その事業は、収容児童が一時期1,200人に達するなど、わが国で最初の本格的な孤児院でした。
 その後、茶臼原に分院を設置し、開拓事業を開始するとともに岡山から児童たちを移住させました。
 資料館には、48歳で亡くなるまで社会福祉事業に身を捧げた十次関連の資料がぎっしりと詰まっており、来館者に感銘を与えています。

毎日、午前9時30分から午後16時まで営業しております。
毎週月曜日は定休日となっており、月曜日が祝祭日の場合は翌日が休日になりますのでご注意下さい。
料金は大人500円 子ども300円 団体様の場合は20名以上で100円引きとなっております。
ガイドが誠心誠意をもって、ご案内を致しますので興味がある方は、是非一度足を運んでみてください。


方舟館

 明治末期、岡山から移築。大正末期に三階部分を増築。星島二郎の募金活動で造られた「アンジェラスの鐘」が吊るされており、鐘桜である。地域の人たちに朝夕の時を知らせていました。


静養館(岡山ではペレ―館、西洋館と言った)

 1879年(明治12年)建築。1913年(大正2年)岡山から移築。米国の宣教師宿舎として岡山に建てられた。同志社の手を経て岡山孤児院に移り、園舎等に使われた。日本で最古の木造西洋建築と言われる長崎の「グラバー邸」は1863年建立であるが、この「静養館」も時代的にはそう差はないと言えます。日向移住に伴って他の建物と共に解体、移送してこの地に建てられました。

 この館は、多くの子供と職員の汗と涙が滲み込んだ愛の館です。



静養館と方舟館が登録有形文化財に登録されました。



大原館

 石井十次亡き後、心友 大原孫三郎は、石井十次墓地の隣に別荘を建てました。
 二人の友情は、死をも超えたと言えるでしょう。
 戦後この地に移築。
 平成7年(1995年)、孫三郎の孫の大原謙一郎氏の支援により改修しました。

書籍・マンガ・DVD紹介

岡山孤児院物語 石井十次の足跡

岡山孤児院物語 石井十次の足跡

山陽新聞社2002年8月初版発行
1,000円(税込)

 社会福祉という言葉もなかった時代、愛と情熱で3,000人もの孤児を救った男がいた。「岡山孤児院」の創設者であり、明治・大正期の日本社会事業史に大きな足跡を残し、「児童福祉の父」とも呼ばれる石井十次。
その生きざまを描く。「人間が人間らしくある事の意味」、それを考えるための絶好の一書。(表紙帯の文より)

*本書は、2001年11月から2002年3月まで山陽新聞朝刊に連載された企画「岡山孤児院物語」に加筆され、まとめられたものです。執筆は、同新聞編集委員室の横田賢一氏。写真は同・長瀬正巳氏。横田氏は、著作の冒頭で、石井十次の生誕と岡山での福祉事業の開始について「およそ百年前のことである」と書いています。
そして、「書きながら実感には乏しかった」という時の流れの中で、一時は1,200人もの収容児を抱えて日本一の規模となり、全国にその名をとどろかせた岡山孤児院も石井十次も、ほとんど忘れ去られ、岡山でさえ「知る人ぞ知る」という歴史の彼方に追いやられてしまったことに危機感を抱きます。そして地元紙・山陽新聞の使命として、十次の岡山での活動から宮崎・茶臼原へと至る過程を、丹念に資料を検証し、足跡をたどって、日本の福祉史を語る上で欠くことのできない、偉大な生涯と事業を掘り起こしたのです。
この本は、岡山での石井十次と大原孫三郎の友情、その後に継続される石井記念友愛社の事業などを顕彰する貴重な一書となっています。

以下はこの本の発刊に寄せた石井記念友愛社理事長・児嶋草次郎の言葉です。

「発刊に寄せて」

 「毎月頼むものも頼むもの 応ずるものも応ずるもの・・・之れ物質以上の交でしょふ」(石井十次日誌 明治四十一年八月三十一日)石井十次と大原孫三郎の関係に触れた一文ですが、他の場所では、「君と僕とは炭素と水素あえばいつでも焔(ほのう)となる」(同四十四年十月一日)とも二人の友情関係を表現しています。
言うなれば乞食の親分と大実業家の親分との間に、なぜ焔といえるような友情関係が育っていったのか。学歴、モノ、金信仰の今の時代に生きる我々にとっては、謎と言える人間関係でしょう。
 しかし、我が日本も戦後五十数年が経ち、大きく破綻し始めています。それらの信仰によって積み上げられていった巨大機構がガタピシと音をたてています。このまま崩壊していくのか、それとも輝かしい我が日本の本来の姿をとりもどすことができるのか。老いも若きも、金持ちも貧乏人も、そして政治家・役人も我々庶民階級の人間たちも、今立ち止まって、人間の生き方について半生してみる時なのでしょう。その時参考になるのが、先人たちの後ろ姿であります。
 この度、山陽新聞に連載された「岡山孤児院物語―石井十次の足跡」が、単行本として上梓されることをうれしく思い、また山陽新聞社および著者横田賢一氏に感謝しております。
横田氏は、最新の研究者たちの石井十次研究成果を細かく読み解き、岡山だけでなく宮崎や大阪など、その足跡を丁寧にたどりながら、ジャーナリストの冷静な目で、その歴史を簡潔にまとめあげて下さいました。我々福祉現場の人間たちが見落としがちな、その時代背景や状況もしっかり描いて下さっているところ、さすがだと思います。
 おそらく、霧の中の石井十次が、くっきりと浮かび上がって来たと感じられた読者も多くいることでしょう。横田氏も念じておられるように、「人間が人間らしくあることの意味」、それを考えるための絶好の書が与えられたと感じております。
抽象的な言葉の遊びから人生を考えるのではなく、我々先人たちの心と心の交流をなぞることで、人間が人間らしく生きていく知恵を、もう一度学びなおすべき時が来ているように感じます。
 金や物や地位や名誉や脅しやすかしではなく、互いの至誠こそが、心と心の和・輪を形作っていくのだということを再確認したいと思います。

石井十次と岡山孤児院 ―近代日本と事前事業―

石井十次と岡山孤児院 ―近代日本と事前事業―

細井勇 著 ミネルヴァ書房(2009年7月初版)
8,400円


 著者の細井勇氏は、1953年、北海道生まれ。同志社大学大学院在学中に、関西社会事業史研究会に招かれたことにより、社会事業史研究を開始し、同志社大学での種々の研究を経て石井十次資料館の所蔵資料調査に関わったことを縁として、石井十次研究が始まりました。同資料館収蔵の膨大な資料を整理し、ひもときながら、氏は、近代日本を代表する慈善事業家である石井十次のミュラー等英国のキリスト教慈善事業に影響を受けた思想と実践が、日本の近代化過程のなかでどのように展開されていったのかを検証。
さらに、日誌・書簡を含む関連史資料の考察から、石井の内面的エートスに注目しつつその独自性をたどりながら、社会的文脈のなかで、また関係者との交流史のなかでその思想と実践とその意味を捉え直し、530ページにも及ぶ大著にまとめました。
この書は、今後の石井十次研究の手引きとなることでしょう。

まんが石井十次物語 児童福祉の先駆者

まんが石井十次物語 児童福祉の先駆者

漫画:南一平
岡山「石井十次顕彰会」設立準備会 2008年5月
980円

 この本は、山陽新聞社の協力により、岡山「石井十次顕彰会」設立準備会によって編集・発行されました。岡山県知事(当時)の石井正弘氏が、「発刊に寄せて」という文の中で、次のように述べています。
 『この物語の主人公の石井十次は、親のない子どもたちに心を痛め、医学の道を断念し児童福祉の道へと進み、岡山に孤児院」を創設しました。それが日本で最初の孤児院です。また、自ら小学校もつくり、子どもたちそれぞれに合った能力も身に付けさせました。「指導福祉の父」とも呼ばれる社会事業家であったと同時に、先進的な教育者でもあったのです。十次は人々が日々の暮らしにあえいでいた時代に、「孤児のために命を捨てて働かん」と誓い、次々に襲いくる困難と波乱万丈の生涯を乗り越え、数々の偉業を残しました。(以下略)』
 このまんが「石井十次物語」では、その石井十次の生誕から少年時代を経て、青年時代に岡山で孤児救済を決意するまで、そして、宮崎・茶臼原へと移転し、福祉と教育と農業の理想郷を築こうと奮闘する時代、そして早すぎるその死から現代の「石井記念友愛社」へと引き継がれてゆく感動の物語が、南一平氏の美しい絵で描かれてゆきます。
 石井十次と友愛社のことを手軽に知る資料としても、少年期の教育書としても一級の書物といえる作品です。

映画DVD「石井のおとうさんありがとう」 石井十次の生涯

映画DVD「石井のおとうさんありがとう」 石井十次の生涯

制作:現代ぷろだくしょん
監督:山田火砂子
出演:松平健/永作博美/辰巳琢郎/竹下景子/大和田伸也/ケーシー高峰/石濱朗/星奈優里/牟田悌三/丹阿弥谷津子
原作:横田賢一「岡山孤児院物語」(山陽新聞社刊)
プロデューサー:井上真紀子
脚本:青木邦夫/松井稔/山田火砂子
撮影:長田勇市
美術:木村威夫
音楽:石川鷹彦

DVD 3,000円 パンフレット 500円
(県内のみの販売です)

日系ブラジル人の西山洋子は、祖父から手渡された石井十次の写真を持って、自分のルーツを探るため、その生まれ育った日本・宮崎へと向かう・・・。そこで洋子は、「岡山孤児院」を作り、三千人もの孤児を救い教育した石井十次という男の存在を知る・・。この映画は、福祉ということばさえない明治時代に「愛の炎」となって児童救済・教育に生涯を支えた石井十次の物語です。
2004年に現代ぷろだくしょん/山田火砂子監督松平健主演によって制作されたこの映画は、全国を巡回し大きな感動と反響を呼びました。
このDVDはその普及版です。

映画「石井のおとうさんありがとう」

日本の近代史は、この大きな人物の名を書きとめておくのを忘れた。
 山田火砂子脚本・監督の映画「石井のおとうさんありがとう」は松平健の演じる石井十次、永作博美の演じるその妻、品子を中心にして、近代日本の福祉活動の原点とも言える史実を描いている。そこで何より嬉しいのは、その施設が、経営の困難や無理解な人々の苦情などの苦労はありながらも、基本的にはとても素直ないい子たちと、十次だけでない善意の有志の人々の心の絆によって成り立っていたと知ることである。(映画評論家・佐藤忠雄)
 このパンフレットには映画制作に関わった多くの人たちのメッセージが載せられています。

紙芝居「石井十次青春物語」

紙芝居「石井十次青春物語」

「児童福祉の父」と評される石井十次ですが、その少年時代は失敗と挫折の繰り返しでした。しかし、くじけず、勇気とあきらめない心と強い意志で自律をめざし、人の役に立とうとする志の高い生き方を貫いたのです。

石井十次の青春時代を描いた紙芝居です。

原案:石井記念友愛社
画・文・編集:松本こーせい
制作:石井記念友愛社
制作支援:木城町
価格:2,500円 全22枚です

 

その他、下記のものを取り扱っています。お気軽にお問い合わせ下さい。